常滑高校 Q&A

●学校全般●

Q 他校にないような特徴はなんですか。

 本校は、次に掲げるような特色ある学校づくりを目標にしています。

  1. 旧常滑北高校の普通科と旧常滑高校の専門学科の教育の実績を継承し、生徒の多様な個性と進路希望に対応する総合選択制を導入しています。
  2. 生徒一人ひとりの学習の個人差に合わせた習熟度別学習指導が受けられます。
  3. 学習やこれからの生活を支える強じんな意志・体力を身につける学校行事(闊歩訓練)があります。
  4. ”世界に生きる日本人”の育成をめざします。(国際交流)
  5. 普通科の中に「国際理解コース」を設置し、実習や体験的な学習を重視した授業を実施します。

Q 総合選択制とはどういうものですか。

 本校には複数の学科と普通科の中にコースがあります。その学科やコースを越えて一部の科目について選択が可能な制度です。総合学科とは違います。

Q 学校の雰囲気、生徒の様子はどうですか。

 知多丘陵にあり、本校の校門からは伊勢湾と鈴鹿の山々、そして常滑市を一望でき、セントレアからの飛行機の離発着の様子もよく見えるので、最近では常滑市の隠れた名所になっています。特に夕陽が鈴鹿の山に沈んでいく風景は圧巻で、卒業してもその美しさが忘れられずに、懐かしさのあまり見に来る卒業生も多いと聞いています。
 冬になると、風当りが強いのが玉に傷ですが、学校環境としては十分満足のいくものといえます。グランドも県下有数の広さで、運動部を中心に部活動も盛んです。また北隣りには常滑市体育館があり、体育館系の部活動が利用しています。緑にも恵まれており、いずれ学校の周辺は総合運動公園になる予定です。こうした恵まれた環境のもと、生徒は明るくいきいきと活動し、充実した高校生活を送っています。

Q 校訓「徹」というのは、どういう意味ですか。

 校訓「徹」は何事も真剣に取り組み、最後まであきらめずに努力して欲しいという願いがこめられています。「徹」と書いて、「テツ」と読みます。部活動や学校行事をはじめとして、学習などあらゆる場面で共通の合い言葉として使われています。

Q 国際理解コースを希望する場合は、どのように決定されるのですか。

 本校普通科を希望する人は、推薦入試も一般入試も出願時に、願書と一緒に「コース選択希望書」を提出します。普通科の合格者の選抜は、コースの希望に関係なく普通科全体の中で行います。合格者が決定した後、それぞれのコース希望を優先して所属コースを決定します。国際理解コースの志望者が多い場合は、第2希望のコースになることがあります。調査書や推薦書、コース選択希望書などを総合的に判断してコースの所属を決定します。コースの所属は、推薦入試、一般入試の合格者発表日に出身中学校を通じて通知します。

常滑高校の概要 学校長あいさつ 校章 校歌 制服 進路指導
普通コース 国際理解コース セラミックアーツ科 クリエイティブデザイン科
部活動  運動部  文化部 丘陵祭 スタディキャンプ 闊歩訓練 国際交流活動
お知らせ 常滑高校Q&A
お知らせ 各種証明書の発行 同窓会(北陵白山会)