学校長あいさつ


 

 常滑高校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本校は、明治29年創立の旧常滑高校と、昭和51年より普通科が独立した常滑北高校が統合され、平成18年4月に開校しました。旧常滑高校、常滑北高校両校の歴史や伝統を継承しつつ、地域を支える優れた人材を輩出すべく、教育活動を展開しています。

 校訓「徹(てつ)」のもと、何事にも真摯な姿勢で取り組み、集中し最後までやりきることのできる生徒の育成を目指し、統合された2校のよき伝統を継承しつつ、新たな取組も積極的に取り入れ、活力ある学校として今日に至っています。また、普通科と工業科(セラミックアーツ科・クリエイティブデザイン科)が併置されている高校は全国でも数少なく、また普通科には国際理解コースもあり、生徒一人一人の進路希望や興味・関心に十分対応できるよう教育課程が編成されています。

 令和2年度卒業生の進路実績についてですが、新型コロナウィルス感染症の影響で臨時休校などがあったにもかかわらず、進学希望者は、国公立大学や地元難関私大をはじめとした多くの大学や、看護系などの専門学校に合格しました。就職希望者は、ほぼ希望通りの企業に内定し社会人としてスタートしました。

 生徒の多様な進路希望を実現するために、シラバス(学習・進路)に基づき、教職員は授業・部活動・学校行事など学校生活全般にわたり熱心に指導しています。「教育は人なり」といいますが、まさしくその言葉を胸に刻み、一致団結して、生徒の人としての成長、さらには進路実現のために、全力で生徒を支え、その潜在能力を伸ばしています。

 また、知多地区で唯一のイングリッシュハブスクールとして、先進的な英語授業を実践しており、海外研修や国際交流事業も充実しています。PTA国際交流委員会の協力を得てメルボルンのブライトンカレッジとの相互交流は20年以上続いていますし、ラオス研修旅行もすでに2回実施されました。

 本校は、伊勢湾を望む丘陵にあり、目の前には遠く鈴鹿山脈、雄大な伊勢湾、そして世界に羽ばたく飛行機が飛び立つ中部国際空港が臨めます。四季折々の豊かな自然、坂道、雄大な眺望が、日々生徒の体を鍛え感性を磨き、人格を醸成していると考えています。

 このような教育環境のもと、常滑高校で学ぶ生徒たちは、日々積極的に学校生活に取り組んでいます。本校ホームページでは、そうした学校生活での生徒の様子を中心に常滑高校全般を紹介させていただいています。このホームページを通して、本校の教育活動を理解してもらいたいと心より願っています。

 また、夏休みには「中学生体験入学」、11月には「オープンスクール」を予定していますので是非参加して、常滑高校をより深く知ってください。皆様の参加を心よりお待ちしています。